S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

松本 暁(まつもと あかつき)
詩人 utanoha代表

<ライブ情報>

・2014年4月13日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
2100円(2ドリンク込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)

・2014年4月20日(日)
■会場
中野aman
■時間
start 17:30
no charge
■出演
鈴木純、松本暁、長男ズ、廣瀬恭平、theharerock and more

・2014年5月11日(日)
デンデケプロダクション Vol.8
■会場
渋谷ラストワルツ
■出演
重力2、ランランズ、ヨソハヨソー、Swingy×松本暁、大谷彩子、grinramma




その他のジャンル
twitter
カテゴリ
最新の記事
教訓
at 2017-04-08 01:53
国会中継
at 2017-02-28 21:29
映画とVR
at 2016-12-26 21:17
橋下のトランプ推し
at 2016-11-14 21:46
この土人が!
at 2016-11-08 23:32
記事ランキング
画像一覧






sold out
デジタル版で読むことができます。 →コチラ




中山聡 詩集「東京」
UTP-0002
¥500



zine "works"

これまでの活動が見れます。


興味をもってくれたかたは、
info@utanoha,jpまでメールください。


俺は怒りと許しに試されてる
俺は怒りと許しに試されてる。
この社会で起きてることへの怒り、完璧なまでにその一部である自分への怒り。
他者を自分と切り離さないための許し、自分の思い上がりを包んでくれる世界の豊かさが与えてくれる許し。
俺はふたつにちぎれそうだ。
縦に裂けるのではなく、深く飲み込まれるように。

  しばらく前から「最悪の事態」に関して多くの人が語り出した。最大の被害を想定し、比較して現在はまだ大丈夫と整理する。それが知性の証かのように。僕は信用しない。現地の状況、汚染の拡大、収束も見えずさらに悪化する可能性を冷静に考えれば、今すでに最悪の事態のまっただ中だ。

  再臨界やメルトダウンが起きなくても、数万人の故郷が汚染され、農業が崩壊しそうで、海まで被害が拡大し、終わりがまるで見えない。「最悪の事態」は東京まで放射能が大量に降り注ぐ事じゃない。今まさに起きてることが最悪の事態だ。それは知性ではなく感受性の問題だ。


俺は前にツイッターにこう書いた。
でも今や、科学の言葉が福島が最悪の事態であることを認めた。
そしてさらに感受性が錆びついていく。国が国民のことを守ろうとしないことは、
もう今回の事を見れば証明済みじゃないか。官僚達が国民の安全を
重視していないのも、政治と結びついた大企業には倫理も道徳もないことも、
もう完全すぎるぐらいばればれになったのに、直ちに健康には影響がないと言い続け、
高円寺のデモもろくに報道しないマスメディアは、
ゴミじゃなく積極的な敵だってことがはっきりしたのに、
東京の住人達は経済成長のためには今回の事故もやむなしって事を
都知事選で宣言して、投票しなかったその他の4割はいまだに自分が何もしなくても
社会はうまくいってるんだと勘違いしてる。
生活が破壊されない限りなんとも感じないんだとしたら、目が開かないんだとしたら、
俺は生活なんてものを信用しない。
そんなにみんなライフスタイルを維持することが大事なのか?
日常は例え戦場であっても人間が生きてる限り立ち上がり続けるだろう。

子供たち、今生まれてこようとしてる子供たち、
お願いだからまだ生まれてこないでくれ。
無責任な俺ら大人は、君らを勝手に希望の名で呼ぼうとするだろうから。
その前に果たすべき責任が山ほどあるにも関わらず、
誰も手がつけられない放射性廃棄物を、
数万年後まで押しつけようとしてるにも関わらず。

大人達はもうすでに生まれてしまった子供たちこう言おうとしてる、
「いいか、自分が金儲けできるのなら、他人はどうなっても構わないんだぞ」って。
そんな国をほんとに愛せるか?そんな社会に生きていたいか?
どこの誰に対して胸を張ろうって言うんだろう。
だから、子供たち、まだ生まれてきてない子供たち、
まだ生まれてこないでくれ。
さもないと俺ら忘れっぽい大人達は、
何も社会を変えないまま、何も自分たちを変えないまま、
君らに軽々しくこう言うだろうから。
 
「子供たちは未来そのものだ」

団塊の世代は完全に失敗の世代だ。
現代の俺たちも年を取ったとき同じ失敗を繰り返して、
しかもそれに気づきもしないんだろうか。
時代に参加することは大事なことだ。
でもそれよりも大事なことは、時代が去ったあとに同じ熱を保ち、
それを受け継いでいけるかだ。
20年後、30年後の社会がどうなってるか、
それは今の20代、30代が背負わなければいけない実際的な問題だ。
30年後も若者の投票率に変化がないのか、
それとも社会に対して自分の意志を表明することが当然になっているのか。
俺らはそのときもまだ、時々放射能を吹き上げつつ、
快適な都会生活を満喫してるのか。

感受性の問題だ。知性の問題じゃない。
想像力の問題だ。情報処理の問題じゃない。
世界観の問題だ。
俺は試されてる。下手したら憎しみまで浮かんできそうになる。
ああ、俺は境目を取り払おうとして生きてきたのに、
いくつもの断絶を自ら生み出し、他人との距離を切り分けようとしてしまう。

俺は怒りと許しに試されてる。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2011-04-13 02:40 | 日々のこと