S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

松本 暁(まつもと あかつき)
詩人 utanoha代表

<ライブ情報>

・2014年4月13日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
2100円(2ドリンク込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)

・2014年4月20日(日)
■会場
中野aman
■時間
start 17:30
no charge
■出演
鈴木純、松本暁、長男ズ、廣瀬恭平、theharerock and more

・2014年5月11日(日)
デンデケプロダクション Vol.8
■会場
渋谷ラストワルツ
■出演
重力2、ランランズ、ヨソハヨソー、Swingy×松本暁、大谷彩子、grinramma




その他のジャンル
twitter
カテゴリ
最新の記事
教訓
at 2017-04-08 01:53
国会中継
at 2017-02-28 21:29
映画とVR
at 2016-12-26 21:17
橋下のトランプ推し
at 2016-11-14 21:46
この土人が!
at 2016-11-08 23:32
記事ランキング
画像一覧






sold out
デジタル版で読むことができます。 →コチラ




中山聡 詩集「東京」
UTP-0002
¥500



zine "works"

これまでの活動が見れます。


興味をもってくれたかたは、
info@utanoha,jpまでメールください。


パスポート申請編
さて、靴底がはがれてぷらぷらになりながらも、
戸籍謄本を手に入れました。
それで、
あと2時間以内19時までに池袋のパスポートセンターに行けば、
その日のうちに申請が出来るという状況で。

時間的には余裕ができたから、
僕はつけ麺屋さんでつけ麺大盛りを食べた。
駅への道を逆にたどり、
改札を抜け、ホームへ階段を上がっていたとき、

突然足の裏に直に階段のひんやり感。
ん?
ない!
右足の裏にあのいやな重さでぶら下がってた靴底がない!
右足の一段下にある!
もうぜんぶはがれた。

人見知りで寂しがり屋のハマグリみたいに、
靴底は階段にくっついてる。
うわ〜、なんでこんなことに??

それで売店で髪留め用のゴムを買い、
なんとか靴下で道を歩かないですむようにしました。
それがこの写真です。

a0145596_20401943.jpg

それでも足をひきずりながら、
なんとか池袋まで行く。
もちろん髪留めゴムぐらいじゃ、
完全にとれた靴底を縛り付けたままにはできないわけで、
どんどんずれる。
前に後ろに右に左に。

まともに歩けないよ!
実際通常の5分の1のスピード。
これ、買うしかないか、新しいの。
出費だ。でもこのスピードで歩いてたら、下手すりゃ間に合わん。

それならキャンバスで黒のジャックパーセルにしようと思って、
ABCマートに行った。行くのも大変だったけど。
パスポートセンターが閉まるまであと30分ぐらいしかなかったから、
しっかり試し履きする時間は取れない。
そのABCマートからサンシャインなら普通に歩けば5、6分で着く。

サイズだけ伝え、履きかえてすぐお会計。
歩き出したら、痛い。
右足のかかととか小指の辺りとかがめっちゃ痛い。
足にあってない…。
しかもさっきからずーっとおなかが苦しい。
つけ麺食べ過ぎた。
大盛りがいけなかった。

俺がなにをしたんだ?
もうそんな気分になってきた。
でも靴底ぷらぷらの靴よりはぜんぜん速く歩ける。
サンシャインのイベント広場はちょうど、
ゴスペルのミニライブが終わったところだった。
来るたびに思うけど、サンシャイン60て広いな。
パスポートセンターへの行き道をインフォメーションのおねえさんに聞いて、
教えられたエレベーターに乗り5階を押す。
ついた。
時間はまだ15分ぐらい残ってる。

はあ

よかった。
間に合った。
足が痛いけど。
食べ過ぎで腹が痛いくらいぱんぱんだけど。

なんとか申請ができました!

これであとは、発行されたパスポートをもらって、
チケット取ってビザ取って、
そうすればあとはインドに行くだけ!

そろそろ旅程をつめるか。
やりたいことだけ3つあるくせに、
どうやってそこに行くかをまるで考えてない。
前も行ったことあるからどうにかなるだろと思ってる。

いや、今回は2週間の旅行。
前行ったみたいないつ帰るか決めないような旅行とは違う。
めんどくさがらずにしっかり考えよう。

向こうに着いたら、バングラ経由でインドに入る幼なじみと、
合流してお祭りに行くんだ。
僕だけ行けませんでしたじゃしゃれにならない。
今回のインド旅行は、6年前、
僕が日本に帰ってきた時、あいつと約束したものだから。
一緒に行こうって。

見に行こうぜ、マハ・クンブメーラー。
だって、ヒマラヤから聖者がわざわざ下りて来るぐらい半端ないんだろ?
絶対行くやろ、それ。

僕は6年前にクンブメーラーを見た。
とにかくすごかった。

でもそれは半分の年。
12年に一度来る、最大の祭礼、
マハ・クンブメーラーから数えたら。


アラハバードという町で12年に1度開催される
マハ・クンブメーラーというお祭りを見る


それが僕が1月にインドに行く理由のひとつ目だ。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2012-12-07 21:37 | インドに詩の朗読をしに行く