S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

松本 暁(まつもと あかつき)
詩人 utanoha代表

<ライブ情報>

・2014年4月13日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
2100円(2ドリンク込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)

・2014年4月20日(日)
■会場
中野aman
■時間
start 17:30
no charge
■出演
鈴木純、松本暁、長男ズ、廣瀬恭平、theharerock and more

・2014年5月11日(日)
デンデケプロダクション Vol.8
■会場
渋谷ラストワルツ
■出演
重力2、ランランズ、ヨソハヨソー、Swingy×松本暁、大谷彩子、grinramma




twitter
カテゴリ
最新の記事
教訓
at 2017-04-08 01:53
国会中継
at 2017-02-28 21:29
映画とVR
at 2016-12-26 21:17
橋下のトランプ推し
at 2016-11-14 21:46
この土人が!
at 2016-11-08 23:32
記事ランキング
画像一覧






sold out
デジタル版で読むことができます。 →コチラ




中山聡 詩集「東京」
UTP-0002
¥500



zine "works"

これまでの活動が見れます。


興味をもってくれたかたは、
info@utanoha,jpまでメールください。


あっちに行きたいこっちに行きたい行ったら行ったでやっぱり戻るって、一体どこに行きたいんだ?



今日、2013年1月26日、僕らは、日本人総勢6人プラス、ドライバーのアロックというメンバーでアラハバードへ向かっている。

アラハバードでガンガーの流れはヤムナー川と交わる。合流点はサンガムと呼ばれ、マハ・クンブメーラーはそこで開かれる。僕らはアラハバード市街には行かず直接サンガムへと向かい、そこで宿泊先を探す。えださんたちの情報では、パイロット・ババと呼ばれる修行僧が観光客をテントに泊めているらしい。場所はセクター9。現地に着いたらまずそこを探すことになるだろう。東へとひた走る白のシボレーを赤く染める乾いた夕日。向こうに着く頃には空は真っ暗になっているに違いない。

2000万人が集まるという12年に1度の祭り。聖なる星巡りの日の朝、国中から集まった人々がガンガーの母なる流れに身をひたす。サドゥーと呼ばれる修行者達もまた国中から訪れ、その中にはヒマラヤ山脈の奥地からやって来るサドゥーもいるという。サドゥー。神と一体化するために俗世間を離れ苦行に身を削る真理への巡礼者。彼らの目的もやはり聖なる日での沐浴だ。

1ヶ月におよぶ祭りの期間中、おそらく最も聖なる日は新月の2月10日。サドゥー達が大挙して沐浴するのもその日。日本で僕がネットから得たこの情報はこちらに来て出会った旅行者たちの情報からも裏付けられている。今回のインド旅行の僕の日程的デッドラインは2月3日で10日までの滞在はできない。それならばと狙いをつけたのが、明日1月27日。夜には満月がのぼる明日もまた聖なる日の1つのようだ。

今はもう8時過ぎだろうか。いつのまにか皆黙りがちになる。道路標識にAllahabadの文字が照らし出される。地図によればそろそろ橋があるはずだ。見えた、前方のあれだ。アロックがアクセルを踏む。シボレーが橋に入る。

僕らは車の窓の外、橋の下一面に広がる眺めに目を見張り一瞬後に歓声を上げた。神話によるとサンガムではガンガーとヤムナーの2本の川に加え、もう1つ、まぼろしの聖なる河サラスワティも地下で合流しているとされる。その聖なる河が人の祈りによって輝きながら地上に出現したかのような眺め。橋の下東西南北何キロにも広がる両岸の中州にオレンジ色の灯りで電飾された町があらわれた。金のアクセサリーを河原にしきつめたようなその夜景は、一番近いのはディズニーランドの夜景か、ただ面積は段違いにこちらが広い。これがマハ・クンブメーラー。なんだこれ!?

シボレーは橋を越えるとすぐに川岸におりる道へ左に曲がった。高速道路の料金所みたいに雑然と車が停まる中を抜け僕らはマハ・クンブメーラーの会場に入ってゆく。そこはまるで手作りのおとぎの国。碁盤の目のように整然と区画された道に大小のテントが並び、お城のような門を構えるテント、聖者の肖像を大きく掲げるテント、どれも電球で縁取られ飾り立てている。橋の上から町に見えたのは、広大なテント村だった。いや、テント町と言うべきか。木や布で張られたテントに満開の電飾、見る者を吸い込むあでやかさで薄靄に浮かび上がるイルミネーション。道はというか地面は白い砂地で、ここが普段は川の中州なのだと思い出す。

アロックが車を止めた。こっちを見る。
「サンガム」
左右にはテントの町並み。道は前方で帯のように横たわる暗闇で途切れている。浮き橋らしきものが見える。横たわる暗闇の正体はガンガーか。

アロックはドライバーとして一緒に来てくれているけれど、ガイドという訳ではないので、祭りについて特別何か知っている訳ではなく、英語がまったく話せないから通訳になってもらえるわけでもない。一応ネットカフェでプリントアウトした地図を持ってはいるけれど、印刷が荒いし文字も読みづらい。そもそもアロックとのコミュニケーションがままならないからうまく活用できでない。

ちなみに今いるのはセクター何なんだろう。パイロット・ババはセクター9にいるらしいのだけれどくわしい場所が分からないままなんとなく発進したシボレーは木でできた浮き橋をガタゴトと渡り向こう岸に着いた。各十字路にはチェックポストが置かれていて警察が管理している。アロックが窓から警官にパイロット・ババについてたずねるが知らないようだ。これだけのテントを全部把握するのは不可能だろう。知らなくても不思議はない。次のチェックポストで同じやり取りをする。こんどの警官はパイロット・ババのことを知っていた。道を教えられアロックが車を出す。

しばらく進んだあとシボレーを止めアロックが「パイロット・ババ」と人差し指で差したのは、本物のお寺みたいに立派なテントだった。正面には、パイロット・ババらしきありがたそうな写真に文字が踊る垂れ幕。まるで新作をリリースする人気ミュージシャンの巨大ビルボードだ。

アロックはどうだ着いたぞ、という顔でこっちを見て来るけれど、僕ら旅行者はちょっとした作戦会議が必要になる。おそらく沐浴場はセクター3にある。ここセクター9は沐浴場の対岸に渡りさらに車で行った先で、見渡すと辺りは若干町外れ感がただよう。セクター3まで歩くとどのくらいかかるだろう。車に乗っていた時間を考えてもけっこう遠い。沐浴は早朝なのでセクター3の周辺が望ましいのだけれど。

ということで僕はアロックに車を出してほしいと身振りで伝える。なぜ!?という顔になるアロック。こちらとしてもどこかに行くあてがある訳でないけれど、もう少し探してみたい。すっかり仕事終わりのモードになっていたアロックは肩をすくめシボレーを発車させる。僕はチェックポストで警官に祭りの中心はどこかたずねると警官はセクター6だと答えた。祭りの中心なら宿泊出来るテントを探しやすいと思ったのだ。アロックにセクター6に行ってほしいと頼む。以下推定の日本語訳。
「バラナシからサンガムに来て、パイロット・ババのテントまで送り届けたぞ。そしたら今度はセクター6か。元来たほうに戻るんだぞ」
アロックが地図のプリントアウトを手に取り回転させる。
「またあっちに行くのか」
シボレーは再び浮き橋を渡る。

セクター6に着いてみると中心というからにはさぞかし大きなテントが並びとりわけ派手なイルミネーションが光っているのかと思いきや、停車した車から外を見ると辺りはなんだかセクター9よりうら寂しいというか薄暗い。テントも小さいし人も全然歩いていない。本当に中心?質問がうまく通じてなかったんだろうか。最初に車が止まった辺りが一番にぎやかだったしガンガーも近い。これ以上さまようよりはアロックには度々で悪いが最初着いた辺りに戻ってもらうほうがいい。

アロックがついに切れた。
「あっちに行きたいこっちに行きたい行ったら行ったでやっぱり戻るって、一体どこに行きたいんだ?」
と捲し立てて来る。もっともな話だが僕もつられて口調が強くなる。
「ごめんね、だけど仕方ないんだよ。僕らはマハ・クンブメーラーについて詳しい情報を持ってないから行ってみて確かめるしかないんだよ」
やってられないよと言うように両手を上げ天を仰ぎアロックが車を出す。僕らは散々行ったり来たりしたあげく、最初の地点に戻ってきた。明日の朝9時同じ場所でと約束しアロックと別れる。

車移動で疲れた体にほっと一息入れようということで、まずはチャイ屋を探すことにして辺りを歩いてみる。道には人がちらほら売店のスタンドもぽつぽつと見える。すぐにあっちゃんが皆を呼ぶ。サドゥーが巡礼に食事を施しているテントを見つけたと言う。入り口から中をのぞくとすぐ目の前に僕らを見てにこやかに笑う修行僧が立っている。彼がこのテントのババ(僧侶に対する尊称)だろう。テントの大きさは10メートルかける15メートルというところか、向かって右に鍋や皿が並び左に敷かれたゴザに座る年齢性別様々なインド人達がプレートに盛られたカレーを食べている。僕らは靴を抜いで中に入る。

僕のプレートにライスと豆カレーが盛られる。ゴザに座り地面にプレートを置き、手を合わせいただきますと右手主に人差し指中指薬指をカレーにつっこみライスとまぜ親指を添え口へと運ぶ。うまい。お腹が空いていたことに今頃気付いた。食べ終わり自分が使ったプレートを水場で洗った後、ババに手を合わせて晩ごはんのお礼を言い、泊めてもらえないかたずねると、それはできないという返事。お礼を言いテントを出る。さて今夜は寝床を求めてどれぐらいさまようことになるのやら。僕らは歩き出す。靴が白い砂にめり込む。と、

「ヘイッ、カム、カム!」

僕らを呼び止める声がする。振り返ると、道の脇に張られたた小さなテントから、髭を伸ばしたサドゥーが僕らに手招きしている。テントに歩み寄り「ナマステ」と手を合わせ挨拶する。中には数人のサドゥーが座っている。中心に座っている僕らを呼んだ髭のサドゥーがこのテントの主宰者のようだ。
「お茶でも飲んで行きなさい」
髭のサドゥーがにこやかにすすめてくれる。テントは数本の柱と屋根壁代わりのオレンジ色の布だけのとても簡素な作りだ。テントの真ん中には刃先をマリーゴールドの花で飾ったシバ神の三つ又の矛が立てられ、そのそばに横倒しに据えられた切り株のくりぬいた幹の中で、火が燃やされている。僕らは靴を脱ぎ荷物を隅に集めて置き腰を下ろし、「ナマステ」と手を合わせ改めて挨拶をする。そこで日本人一同今日2度目の呆然の瞬間を迎える。

髭のサドゥーが僕らを歓迎してくれるのか祝福を与えてくれるのか、やおら立ち上がり、右手を差し上げ舌を出し一本足でポーズを決めた。彼は体に灰を塗っただけの全裸だった。





2013/01/26
マハ・クンブメーラー
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-04-07 02:26 | インドに詩の朗読をしに行く