S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

松本 暁(まつもと あかつき)
詩人 utanoha代表

<ライブ情報>

・2014年4月13日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
2100円(2ドリンク込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)

・2014年4月20日(日)
■会場
中野aman
■時間
start 17:30
no charge
■出演
鈴木純、松本暁、長男ズ、廣瀬恭平、theharerock and more

・2014年5月11日(日)
デンデケプロダクション Vol.8
■会場
渋谷ラストワルツ
■出演
重力2、ランランズ、ヨソハヨソー、Swingy×松本暁、大谷彩子、grinramma




その他のジャンル
twitter
カテゴリ
最新の記事
教訓
at 2017-04-08 01:53
国会中継
at 2017-02-28 21:29
映画とVR
at 2016-12-26 21:17
橋下のトランプ推し
at 2016-11-14 21:46
この土人が!
at 2016-11-08 23:32
記事ランキング
画像一覧






sold out
デジタル版で読むことができます。 →コチラ




中山聡 詩集「東京」
UTP-0002
¥500



zine "works"

これまでの活動が見れます。


興味をもってくれたかたは、
info@utanoha,jpまでメールください。


安倍晋三と自民党の本当の狙い
明日7月15日、自民党は高まる反対の声を完全に無視して安全保障関連法案を強行採決し、集団的自衛権をこの国のあり方に組み込もうとしている。これは国家として戦後70年間における最大の方向転換であり、自民党と安倍政権が民主主義を無視した国家作りを目指していることの証となる。

彼ら安倍晋三一派が本当に望んでいることはなんなのか、ここに僕の考えを書いておこうと思う。一見荒唐無稽に感じられる内容かもしれないが、2012年に第二次安倍内閣が発足した時、現在のこの状況を予測していた人はいただろうか。秘密保護法を制定し国民の人権を自在にできる下地を整え、解釈変更を閣議決定することで憲法より上位に内閣を置き、自民党の議員たちは報道統制を公言し悪びれもしない。徴兵制の有無まで市井の議論の対象になっている。たった3年で日本は全体主義者が強権的に治めるファシズム国家になってしまった。

今後について、どんな突飛な見通しを立てたとしても、それは一市民として自己を守る危機管理の一部である。外れれば万歳、当たるのなら災厄を避ける術を講じる。その一助であり、時代の備忘録としてここに記す。


戦争法案と呼ばれる自民党の安保法案に対する批判は、大きく3つに分けられる。1つは国際紛争の武力による解決を放棄した日本国憲法に違反するという点。2つ目は、その反対意見を無視し報道の自由を侵害するような反民主主義的なやり方。そして3つ目は、政府はアメリカの要求に従っているだけだと言う対米従属への批判。

1つ目と2つ目の批判に対しては、自民党と閣僚たちは合憲であると繰り返し自分たちは民主主義を擁護すると反論する。けれど3つ目の批判に対しては、自分たちは対米従属ではない、と彼らが言明することはない。「言うべきことは言う」「主体的に判断する」などの曖昧な表現に終始し、明確に否定することはない。事実、秘密保護法も集団的自衛権の行使も、アメリカの要求があってから政府が動いたことがすでに様々な報道や情報で明らかにされ、それらを根拠に多くの論者が対米従属と政府を批判している。では果たして自民党は本当に対米従属なのだろうか。

僕はそうではないと考える。安倍晋三一派は自分たちの行いが対米従属という批判を受けることを理解しているはずだ。なにしろ専門家でなくても、政府がアメリカの言いなりに国内政策や外交政策を行っていることは分かる。その当事者である自民党がそのことに気付いていないはずがない。確かに対米従属であることが自己目的化している者もいるだろう。官僚と呼ばれる人々はその気が強いのかもしれない。なにしろアメリカと敵対すれば日々の業務と自己の出世に実際上の支障が生まれる環境が出来上がっていることだろう。田中角栄をはじめ多くの政治家を失脚させたアメリカからの外圧は終戦から70年経つ間に日本の政治界を左右する現実の影響力として有形無形確立された。実務を行う閣僚に先回りしてそれを忖度することが賢い振る舞いとして認識されているとしてもなんの不思議もない。では自民党の政治家にとってはどうか。いや、安倍晋三にとってはどうだろうか。

安倍晋三は、岸信介、佐藤栄作、安倍晋太郎というそうそうたる血筋の元に生まれた戦後政界最高のサラブレッドだ。特に専門的な研究をしているわけでもない一般人でも日本がアメリカの事実上の属国であることは理解できる。その矢面に立つ政治家がそれを骨身に感じないはずがない。属国としての屈辱を寝物語に聞かなかったはずがない。アメリカへのルサンチマンを受け継いでいないはずがない。安倍晋三はプライドが高い人間だ。ことあるごとに日本と世界一や世界最高という言葉を結びつけようとする。そんな人間が属国である現状を甘んじて受け入れているはずがない。本質的に安倍は反米であると僕は考える。ではそんな彼が対米従属的と批判される政策を実行しようとしているのはなぜか。

政府の対米従属的姿勢への批判の根拠としてよく言われるのが、アメリカは退潮傾向にあり覇権国家としての地位を今後縮小して行くだろうという予測がある。それにも関わらず日本はアメリカ一本槍でいくのか、というものだ。安倍が知性的な人間でないことは数々の言動で伺い知れるが、彼の周囲には利口なスタッフがついている。巧妙なメディア戦略からもそれは明らかである。そんな側近たちがアメリカが覇権国家であることをやめ、かつてイギリスがそうしたような国際的な撤退戦略を練っていないと考えるだろうか。そんなはずはない。安倍とその周囲の人間たちは理解しているはずだ。

彼らは理解している。自分たちが対米従属と罵られることも、当のアメリカが覇権を放棄しようとしていること、あるいは誰かに移譲しようとしようとしていることも。

安倍晋三と自民党の本当の望みは、アメリカなき後の世界の覇権を得ることである。安保法制による武力行使のフリーハンド化はそのための布石である。

とは言え当面日本はアメリカに付き従っていなければならない。けれど遠くない未来にアメリカはそれと宣言することなく国際社会に置ける現在の覇権的な地位を薄める。それまでは雌伏して地固めを進め、チャンスが到来すれば逃さず手に入れる。それが安倍晋三たちの未来設計であると僕は考える。

現在の状況で対米従属の克服を声高に宣言すれば、アメリカに潰される。鳩山由紀夫がそうであったように。しかしアメリカの国際的な影響力が低下した時であれば話は別だ。彼らはそれを狙っている。

そのプランの直接の競合相手は中国だ。AIIBを設立するなど中国はアメリカ中心の世界秩序と対立姿勢を隠そうともしない。南沙諸島の軍事拠点化を進めているのも、アメリカの退潮を見越してのことだ。だから安倍はそれへの牽制として日米同盟の強化を進めている。東南アジア各国への支援やオーストラリアとの半同盟化もそのためだ。来るべき世界における一番のライバルに対して対立姿勢をあらわにしている。

安倍とその仲間たちは日本が世界の覇権国家になるための道筋をどのように描いているか。彼らとて馬鹿ではない。第三次世界大戦の勝者となるというような法外なもくろみは抱いていないだろう。それよりは漸進的な方法を考えているに違いない。まずは、中東などの国際紛争の場で存在感を示すことが第一歩になる。安保法制はそのために是が非でも制定する。国連の常任理事国入りも必要になって来る。同時に、中国に対する序列づけの明確化も図るだろう。具体的には局所的な軍事紛争を起こしそれに勝利することだ。その舞台は尖閣が選ばれる可能性が高い。アメリカはその戦闘には介入しないだろう。けれどそのこと自体がアメリカの覇権の弱まりを示すことになる。そうして次第に対米自立を目指し、ついにはアメリカを超克する。それが安倍晋三と自民党の青写真ではないかと僕は考える。だからこそ、現在は対米従属的に振る舞う。アメリカにその目論みを見破られるわけにはいかないのだから。

彼らが大日本帝国を国の成功体験としてとらえ、かつ日本が本来あるべき姿として考えていることは容易に想像がつく。そうでなければあんな前近代的な憲法草案を公表するはずがない。おそらく彼らは中国人民解放軍を下に見ているだろう。自衛隊が負けるはずがないと。局所的な戦闘であればそうかもしれない。けれど、日本を乗り越えることを覇権獲得の一里塚としてきた中国が、緒戦での敗北によって撤退し矛を収めるだろうか。そんなことはあり得ないだろう。まさに破滅的な争いの始まりとなる。

あるいは、安倍たちはある期間まではアメリカとのツートップで世界を牛耳ることを夢見ているのかもしれない。そうだとしてもそのために日本国民の血が流れたとして意にも介さないだろう。中国は日本が覇権を握るための最大の障害となる。なんらかのやり方で片を付けようとするだろう。どちらにせよそれは破滅の始まりだ。

安倍晋三は、対米従属と批判される時に内心でほくそ笑んでいることだろう。お前たちは我々の本当の狙いを理解していない。そんな目先のことばかりに神経をとがらせ大義を見失っている。我々の本当の狙いは日本を真の独立国にし、世界に冠たる超大国にすることだ、と。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2015-07-14 23:52 | 日々のこと