S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

松本 暁(まつもと あかつき)
詩人 utanoha代表

<ライブ情報>

・2014年4月13日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
2100円(2ドリンク込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)

・2014年4月20日(日)
■会場
中野aman
■時間
start 17:30
no charge
■出演
鈴木純、松本暁、長男ズ、廣瀬恭平、theharerock and more

・2014年5月11日(日)
デンデケプロダクション Vol.8
■会場
渋谷ラストワルツ
■出演
重力2、ランランズ、ヨソハヨソー、Swingy×松本暁、大谷彩子、grinramma




twitter
カテゴリ
最新の記事
教訓
at 2017-04-08 01:53
国会中継
at 2017-02-28 21:29
映画とVR
at 2016-12-26 21:17
橋下のトランプ推し
at 2016-11-14 21:46
この土人が!
at 2016-11-08 23:32
記事ランキング
画像一覧






sold out
デジタル版で読むことができます。 →コチラ




中山聡 詩集「東京」
UTP-0002
¥500



zine "works"

これまでの活動が見れます。


興味をもってくれたかたは、
info@utanoha,jpまでメールください。


秩序とざわつき 20160710
参議院選挙の投票日だ。
僕は三宅洋平に入れます。
僕が持てないこの国の未来への希望を、彼はまっすぐな目で本気で語ってくれた。
その言葉がその希望が多くの人を動かしている。
僕にとってはそれで充分なのです。

おかしいことはおかしいと言うこと。
作るべきは敵ではなく、
与えるべきは赦しであること。
なによりも当たり前のことのはずでした。

僕が僕でなくなり、あなたがあなたでなくなる。
それを状況に強要される。社会に強要される。政治に強制される。
けれどもそれは間違ってるんじゃないのか、
そんなことはあってはいけないんじゃないのか。
基本的人権の尊重は、そうやって生まれて来た考え方なのだと思います。

日本国憲法第三章第十三条にはこうあります。
“すべて国民は、個人として尊重される。"

自民党の改憲草案からは、「個」の文字が消えています。
「全て国民は、人として尊重される」そうです。
犬や猫や豚や牛ではない、人として。
彼らの草案からは、現行憲法第九十七条基本的人権の意義が丸ごと削除されています。
「侵すことのできない永久の権利」と謳われている基本的人権に関する記述が、
丸ごとなくなっているのです。

自民党に投票するということは、
上記のような憲法草案に賛成することを意味します。

第一次安倍内閣法務大臣だった長勢甚遠はこう発言しています。
「国民主権、基本的人権、平和主義、これをなくさなければ本当の自主憲法ではないんですよ」
実際に自民党の改憲草案では、日本国憲法の三原則は大きく後退する内容になっています。
国民から国への命令であるはずの憲法が、国から国民への命令に変わっています。
そんな憲法の元で生きていきたいという人は自民党に投票すればいいと思います。
僕はいやですが。

社会保障を削り、福祉予算を削り、医療予算を削り
財源がない財源がないと言いながら、リニアには30兆円を投資すると言う。
6人に1人の子供が貧困状態にあるという状況なのに、
外国には総額で数十兆円を融資すると言う。
そんな政治が理想だという人は自民党に投票すればいいと思います。
僕はしませんが。

今回の選挙期間中、結局マスメディアは最後までその責任を果たしませんでした。
アベノミクスの信を問う、というのなら、
その成果を数値を元に緻密に検証するべきでした。
経済成長率さえも民主党政権に及ばないアベノミクスの真実、
それは社を上げての総力特集になるはずのものです。
けれどもそんな本気の記事はありませんでした。

改憲勢力3分の2ラインが選挙の軸になっていることは明らかであり、
マスメディアもそう書いていました。
ではなぜ自民党の改憲草案を細かく検証しないのでしょう。
国民に選択肢を与えるための報道とはそのようなものであるべきです。
新聞は書いていました。
「与党は改憲を争点にしない方針」
これがすでにひどい欺瞞であるとはメディアは思わないのでしょうか。
野党候補者の演説でも、各種の世論調査でも、
改憲は今回の選挙の最大のトピックになっていました。
人々が議論を求めていたにも関わらず、自民党はそれを拒否したのです。

けれど自民党は選挙に勝利した途端、
自分たちの改憲の意志は信任されたと居直るでしょう。
広く議論をしてとうそぶきながら、
自分たちで任命した有識者会議の議論を利用し、
改憲の発議を行うでしょう。

国民的な議論の高まり?
今がその時だったのに、それを無視したのは誰でしょうか?
選挙の争点を決めるのは国民です。
それを鼻にもかけない自民党が信用できるという人は、
自民党に投票すればいいと思います。
僕は彼らのことをまったく信用しませんが。

日本国は建国から70年、実質的には自民党の一党独裁体制でした。
行政機構も経済体制もそのほとんどが自民党体制によって作られてきました。
仮に今後の選挙で他の政党が政権を取ったとしたら、
間違いなく社会はざわつくでしょう(例えば民主党時代がそうだったように)。
なぜってすべての体制が、
自民党を基準にカスタマイズされて来たのが日本社会だからです。

けれども僕は全体主義の秩序よりも、民主主義のざわつきを愛します。
では投票に行ってきます。






















[PR]
by matsumotoakatsuki | 2016-07-10 10:45 | 日々のこと