S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

松本 暁(まつもと あかつき)
詩人 utanoha代表

<ライブ情報>

・2014年4月13日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
2100円(2ドリンク込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)

・2014年4月20日(日)
■会場
中野aman
■時間
start 17:30
no charge
■出演
鈴木純、松本暁、長男ズ、廣瀬恭平、theharerock and more

・2014年5月11日(日)
デンデケプロダクション Vol.8
■会場
渋谷ラストワルツ
■出演
重力2、ランランズ、ヨソハヨソー、Swingy×松本暁、大谷彩子、grinramma




twitter
カテゴリ
最新の記事
教訓
at 2017-04-08 01:53
国会中継
at 2017-02-28 21:29
映画とVR
at 2016-12-26 21:17
橋下のトランプ推し
at 2016-11-14 21:46
この土人が!
at 2016-11-08 23:32
記事ランキング
画像一覧






sold out
デジタル版で読むことができます。 →コチラ




中山聡 詩集「東京」
UTP-0002
¥500



zine "works"

これまでの活動が見れます。


興味をもってくれたかたは、
info@utanoha,jpまでメールください。


カテゴリ:インドに詩の朗読をしに行く( 26 )
ただいま、僕の部屋。
今インドから無事家に帰って来ました。
帰って来た第一印象は、日本には日本人がたくさん住んでるなあ、でした。
なぜか不思議な感じです。
今日はシャワー浴びてもう寝ます。
お世話になった方、みなさんありがとうございました。
日本から気にかけてくださったみなさん、ありがとうございました!
帰ってくるまでが旅行だから、今回の僕の旅行はこれでおしまいです。
あー楽しかった。
ではおやすみなさい!
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-02-04 01:08 | インドに詩の朗読をしに行く
インド報告4 ライブ終了
パナーム、パナーム

ライブ、終了しました!
来てくれたみなさま
ありがとうございました!

おかげさまで沢山の国の、たくさんの人に来ていただけましたが、
例によって反省しかありません。。
いつものことなんですが。

でもやってよかったです!

これで今回インドに来た3つの目的は果たすことができました。
たくさんの人に助けてもらわなければ出来ませんでした。
みなさん本当にありがとうございました。

明日一日ゆっくりして、
あさってバラナシを発ちます。

ではおやすみなさい。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-01-31 23:56 | インドに詩の朗読をしに行く
インド報告3 ライブ当日!
ライブ当日です!

今朝は昨夜に完成したチラシを巻いたり張ったりとうろうろしていました。
こちらで知り合った旅人のみなさんやインド人のおじさんたち、
こどもたち、手伝ってくれてありがとうございます!
特にチラシを書いて作ってくれたなつみちゃんとしょうくん、とても感謝しています!

楽器はタブラとシタールで決まりました。
楽しんでやりたいと思ってます。
録画しようと持ってきたビデオカメラがぶっ壊れて使えません。
なにかと詰めが甘い人間です。

インド報告とか言いながら、3で早くもライブ本番。
あまり書いてなくてごめんなさい。でも仕方がないんです。
でもなにかの形でまとめたいとは思っています。

取り急ぎ。
では!
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-01-31 18:18 | インドに詩の朗読をしに行く
インド報告2 ライブの場所が決まりました
パナーム、パナーム


ライブの場所と日程が決まりました。

日程:1/31
場所:モナリザカフェのルーフトップ、ベンガリートラ バラナシ
時間19:00スタート

今のところは、タブラとシタールが当日演奏してくれる予定です。でもまだ決定してはいません。インド人のミュージシャンです。

全部で1時間ぐらいのライブになります。
お時間ある方はぜひ!

--------------

いやあ…
いろんな人に会って説明したり、交渉したり、宣伝したりで、なぜかすごく忙しいです。
バラナシにいるのに。
ライブは、バラナシの観光エリアにあるルーフトップレストランでできることになりました。
会場はただで借りれるとのこと。
よかった。でもまだコンテンツがフィックスしてません。
連絡待ちです。

--------------

マハ・クンブメーラー、行ってきました。
とにかく規模がすさまじい。
とても穏やかな祈りの場でした。
でも巨大。
報告はまた次回にでも。

--------------

ちょっと風邪気味ぽいですが(こっちは意外と寒かった)、
いいライブになるよう元気にやっています。

みなさんも体に気をつけてお過ごしください:)
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-01-28 23:49 | インドに詩の朗読をしに行く
インド報告 1 東京-上海-昆明
ナマステ、ナマステ
2013/01/25
バラナシにいます。

ここまでの流れを一部ざっと。
こんな感じでした。

1/18
雪が残る東京をインドに合わせた軽装で羽田へ向かう。
今回の目的地のバラナシはわりとあったかいはず、とコートは持ってこなかった。

上海までは羽田から3時間ぐらい。
往復飛行機の海外旅行は始めて。
基本は現地調達。宿も含めて。
国際線ターミナルまでは浜松町からモノレールにする。
上海には17:00ごろ着。
そのまま昆明行きに乗り換える、
予定だったけど、飛行機が2時間のディレイ、昆明に着くのはまさかの深夜1時!
わー、着いてからどうしよう…どこに泊まるかも決めてないのに、
そんな夜中に空港から町に行けるのかなあ。
2時間待ちぼうけて出発。中国東方航空は毎回揺れる。
1:30昆明空港着。
ここから1/19にコルカタ行きに飛行機が出る。たった1晩の滞在。

アライバルを出ると鉄道の駅の出口と同じ。
タクシードライバーたちが呼び込みをしている。
インフォメーションカウンターは、ドライバーたちのグループが占拠状態で、
役に立ちそうに無い。
とりあえず空港の外に出る。中心部までのシャトルバスが走ってる。
25元。
日本から用意してきたゲストハウスのプリントアウトを、
チケット売り場のおばちゃんに見せてバスの番号を聞く。
夜に着くのは分かっていたから以前の旅行でも泊まった大き目のところにしようと、
めざすは茶花賓館カメリアホテル。
バスを降りるとタクシーたちが待っている。
乗り込む前に行き先と値段を確認。
ドライバーはカメリアホテルを知ってるみたい。
20元で行けると。
こういう旅行でやっぱり一番ナーバスになるのは、
夜に国境を越えること。時間はすでに午前2時を過ぎている。
知らない町でタクシーに一人乗り込み、街灯も無い町を走っている。
目当ての宿があるといっても予約しているわけでもない。
うん、なにかあったら危ないシチュエーションだ。
デリーではやらないけど、昆明はおだやかな町だから大丈夫と高をくくって町にでる。

「ここだ」
と、タクシーが止まったのは、なんていうか廃墟?
高い塀の向こうに解体途中のようなビルが建っている。
「いや、ここじゃないよ、カメリアホテルだよ」
英語で話をしてもドライバーにはほとんど通じない。
というかまったく通じない。だからこっちはいつの間にか日本語で話している。
怪しいことをしそうな感じはあまりないけど、なにしろ時間が時間だし、
廃墟に連れて来られてしまっているこの現状。

僕はドライバーを信頼することにした。
言ってることの大半は理解不能だが、なにかを受け取りまた渡しながら、
コミュニケーションをとった結果、嘘はついていなさそうだし、
だましたりなんかするかよ、という突き放しも感じた。
だまそうとする連中ならそこで逆に近寄ってくる。
ドライバーが看板を指差してなにか言っている。
もともと口がうまくなさそうなタイプのそのおじさんが、
彼なりになにかを伝えてくれようとしている気がしたから、
僕は車を降りて看板を見上げた。

えーと、なになに、カメリアホテルは取り壊しのため周辺の他のホテルへどうぞ?
まじかー、つぶれた?もしくは建て替え?
ホームページには一言も書いてなかったぞ??
その廃墟は紛れも無い、茶花賓館カメリアホテル。
ただ営業してない。
あいたた・・・
「こっちでいいか?」と
運ちゃんが看板の地図を指差す。
近くの別の宿だ。とりあえずそこに行ってもらうことにする。
ちいさなゲストハウスの前に泊まる。ビルの一回にある宿の玄関はもう閉まっている。
ノックとブザーを2回。応答なし。
看板にはtravelers home とか書いてあるから、旅行者が泊まれる宿ではありそう。
別の入り口を探しているとドアが開き、中から光が洩れてくる。
こんな夜中になんだ的な、
あきらかに面倒そうにひげのおじさんが出てくる。
「イーガレン、ドウシャオチェン? (1人部屋いくら?)」
「イーパイウーシュー クゥワイチェン (150元)」
高いからまけてくれと言うと無理だとおじさん。
彼はドライバーを見ながら「こいつ日本人?」的なやりとりをしている。
「メイヨウ、メイヨウ (ないったらないよ)」そう言って顔を振る。
まあ仕方ない。日本から持ってきたプリントアウトはまだある。
でもそこは大丈夫か?また閉まってたりとか。
どっちにしろ行くしかないってことで、ドライバーさんに地図を見せると、
「こっちからあっちに行くのかよ」とオーバーリアクションで値段を言ってくる。
かみ合わない会話でお金の話を決めて、出発。
しばらく乗ってるとあった!Hump Hostel!
さっさと行っちゃいなとでも言ってるふうなドライバーさんに50元払う。
広場から路地に入り、階段を上がる。ネットで見た限りはきれいなところだった。
ルーフトップレストランの奥にレセプションがあり、その隣はバーカウンター。
ソファやビリヤード台が置いてあって、なんかちょっと南国リゾート風。
ただもう閉まってる。受付のまわりをぶらぶら歩いていたおじさんにたずねると、
部屋はあいていません、だって。
予約してますか?
してないです。
じゃああいていません。

ここもだめだったか。
でもテラスにならんでいるソファのあたりなら、ホステルの中とも言えないし、
仕事の邪魔にもならないだろうからいいよね、と思って、
荷物を下ろし、ソファに座って、そのうち横になる。
肩から巻いているショールをふとんがわりにくるまると、
受付にいたおじさんが階段への扉に内側から鍵をかける。
もう外へは出られない。ここにいるのをおじさんが許してくれたっていうことかな。

1泊目 半野宿
ルーフトップレストランの片隅のソファ。
昆明 中国
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-01-25 18:57 | インドに詩の朗読をしに行く
1泊目半野宿、2泊目空港の外のベンチ
というわけでインド、バラナシまでやってきました。
写真をアップしたいんですが、デジカメの使い方がいまいち分からないので、
まだできません。

行ってみればなんとかなるさ的に移動するので、
着いた先でしんどい目にあうことがしばしばあります。
今回はタイトルの通りでした。
でもそれもまたよし。楽しんでいます。

今は24時間ホットシャワーで、
ガンガービューが抜群な宿に泊っています。
1泊1人200円ぐらい?

マハ・クンブメーラーに行く人とはコルカタでたくさん会いました。
やはり人が多そうな感じ。
バラナシでは逆に行く人はあまりいないのか、
まだ全然会ってないです。

というか寒い!
朝なんて霧で日の出が見えません。
観光客は前より少ないような気もする。
元気にやっています。

取り急ぎ
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-01-24 19:40 | インドに詩の朗読をしに行く
今日も玄関を飛び出していってきます!
ついに本日インドへ出発。
2週間の小旅行。

目的は3つ。

1 アラハバードという町で12年に1度開催されるマハ・クンブメーラーというお祭りを見る
2 もうつけることがない結婚指輪をガンジス川に投げ入れる
3 ヒンズー教の聖地バラナシで、詩の朗読のライブをする

ゴールは毎日生活している東京の自分の部屋。
旅行の様子はなるべく書くつもりです。

では行って来ます!
a0145596_7493331.jpg


[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-01-18 07:54 | インドに詩の朗読をしに行く
出発前夜
時間は本当に止まらない。
明日出発だ。本当に。

パスポートOK!
ビザOK!
チケット(eチケだからA4ペラ1)OK!

着替え3日分
ペンとノート
本一冊(金子光晴OK!)
寝袋
入れた!寝袋は入らないからバッグにぶらさげてく!

今回はデジカメを持っていく!
今回は使い捨てカメラではないOK?

電話は持っていかないのでかけていただいても通じません!
連絡はメール等で!

もろもろの成仏させないといけない思いとその品
もうつけることがない結婚指輪

荷物はだいたい以上!

冒険に勝る自由はない
けれど 家に帰るまでが冒険です。
行きて帰りし物語、というやつです。

時間は止まらないから、
出国したら帰国の日もやってくる。
それ以降も毎日は続く。
休日と平日を足して2で割った、
末っ子体質が抜けず、中二病が治り切らない詩人の松本暁です!

a0145596_2120010.jpg



まだ準備が終わっていないので、片付けてなるべく早く寝ます!
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-01-17 21:27 | インドに詩の朗読をしに行く
サドゥーのこと
インドには、サドゥーと呼ばれる人たちがいる。
苦行者、とか、修行者、とか訳される人たちだ。

布切れ一枚を身にまとって暮らしている。
全裸のもいる。
それでなんだかよくわからない苦行を自分に課して生きている。

片手を高く掲げたまま絶対に下ろさない、とか
立ったままで過ごして寝るときも絶対に横にならない、とか、
一言も言葉を発さない、とか。

自分が修行で身に付けた技を観光客に見せてお金をもらっているサドゥーもいる。
(ちんちんの先で剣を持ち上げるとか、意味不明なやつだ)
写真に撮るだけでお金を要求して来るサドゥーもいる。

彼らは道ばたにゴザをしいて、その上で生活したりしている。
そこで煮炊きをして、大麻を日がな吸っている。
警官が近くを通ってもお構いなしだ。

ぶっちゃけ日本人の感覚で見れば、
奇人変人の乞食集団だ。
彼らがやっていることにどんな宗教的意味があるのか、
ぱっと見では正直つかみづらい。

けれど彼らはれっきとしたヒンズー教のお坊さんであり、
その集団内には序列があって、高い位のサドゥーは聖者扱いされている。
信者からお布施をもらって生活している。

僕は以前インドに行き、その社会と文化にちょっとしたショックを受けた。
いや、ちょっとしたというより、なんだこりゃ!?という感じだった。
2000年前の仏陀の時代から変わらないんだろうな、という光景も目にした。
金曜日からインドへ二度目の旅行に行くけれど、
すごく楽しみだ。他にはない国だと思う。

もちろん、インドが楽園のような場所だとはひとかけらも思っていない。
むしろ社会が抱える問題の量では日本の比ではないだろう。
最近も気のめいるようなニュースが、たくさんインドから聞こえて来る。
ニュースサイトのページを開きたくもないような、
どうしようもない苦しさと切なさに胸をかきむしられるニュースだ。

旅行者ごときが、社会の上っ面をふらふらぶらついて、
あの国はどうだ、この国はこうだ、とか訳知り顔で言うのが、
僕はとても恥ずかしい。
なるべくそんな発言はしないようにしている。
円をたっぷり財布にいれたバケーション中の貴族が、
1日数ドル以下で暮らしている外国人の日常生活に入っていくことは、
不可能だと思うからだ。

6年前インドに行った時、
僕は最下層のカーストのさらに下の身分の子供たちと電気も通じていない村で
寝起きしたこともるし、
排気ガスで空気が曇った路上に座り痩せこけた人力車の運転手たちとならんで
カレーを食べたりもした。
けれど僕は一人の旅行者に過ぎなかった。
旅人、という言葉は僕は嫌いだ。
そんなセンチメンタルでナルシスティックな呼び名を付けるには、
日本人というだけで僕はインドでは特権階級過ぎる。

それでも、それでも、インドについて人に話すときは、
笑顔が浮かんでしまう。
その時の僕はきっと、ここではないどこかに憧れるような、
遠い目をしているだろう。

インドの文化が持つ社会の幅の広さと奥行きは、
僕にはそのまま大陸の途方もない広さと積み重ねた歴史の奥深さを感じさせる。
それは日本にはない。
インド文化が持つ粘り腰の強さとしたたかさは、
僕にはとっても自由でたくましいものに見える。

サドゥーもその一部だ。
彼らがインドの多数派を代表しているとは思わない。
けれど彼らはインド社会の一翼を確かに担っている。
真理の探究のために、現世での利益や贅沢さを捨て、
仏陀の時代と何も変わらずに遍歴しているのだ。
シリコンバレーで世界のIT業界を左右するような技術者を多数輩出する一方で、
ガンジスのほとりやヒマラヤの奥地で神さまと一体になるためだけに
生きている人たちがいる。
その幅の広さに僕は惹かれる。

それがインドだとは口が裂けても言えない。
でもその幅の広さが、インドの社会に存在していることは確実だ。
その幅の広さを、僕ははっきりと、「好きだ」と言える。

まあ正直うっとうしい連中も多い。
疲れるし面倒ごとが多い国だ。
現地で生まれ育った人たちにとっては、
どうにもできない壁がいくつも立ちはだかるような社会でもあるだろう。

それでも、それでも、だ。
6年前の旅行で本当にたくさんの忘れられない経験をした場所であり、
その文化に尊敬の念を抱いてしまう。僕にとってインドはそんなところだ。

今月からアラハバードで始まるマハ・クンブメーラーには、
インド中からサドゥーが集まる。
ガンジス川とヤムナー川が交わる「サンガム」と呼ばれる三角州は、
ヒンズー教の一大テーマパークの様相を呈するだろう。
僕はただの外国人旅行者としてそこに行く。
本当の意味で内部に入ることはできないだろう。
でもそれでもいい。
僕なんかがふらっと迷い込んでも、インドは気にも留めないだろうし、
そのまま飲み込んでくれる懐の深さがある。
僕はせいぜい死なないように気をつけて、
また日本に帰ってくるだけのことだ。
いくつかの課題をやりとげて。

出発は1月18日の金曜日。
あと4日後。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-01-14 22:03 | インドに詩の朗読をしに行く
マハ・クンブメーラー
日本語に訳すと、大水瓶座祭とでも言うのだろうか。

天地創造の時代、神々が運ぶ壷から不老長寿の霊薬アムリタの雫がこぼれ落ちた場所、
アラハバード、ハリドワール、ナーシク、ウジェイン。

その4つの聖地で開催されるヒンドゥー教最大規模の祭礼クンブメーラー。
そして12年に1度の星回りの今年、アラハバードでマハ・クンブメーラーが開かれる。

その存在を知ったのは、小学生の時だった。
NHKのドキュメンタリー番組で目にした映像は、
田舎育ちの少年のちっぽけな現実感を揺さぶるには充分すぎるインパクトがあった。

ガンジス川をせき止めてしまいそうなほど膨大な人々が、
それこそ決壊したダムから水があふれ出すように、
止めどなく岸から川へ入っていく。

ドラゴンクエストに出て来て魔法の一つでも唱えそうな、
薄布を身にまとい杖や槍を手にした修行者たちの行列、
その先頭を象が悠然と歩き、背中には白髪全裸の老人がまたがっている。

大昔の記録映像ではなく、現在も続いているお祭りなのだ。
12年に1度開催されるということも、これ以上ないぐらい神秘さをかき立ててくれる。
リビングのソファの上で僕は、ブラウン管に映る眺めに唖然としながら、
死ぬまでに見たいものリストの上位が更新されるのをはっきりと感じた。
行きたい!行きたい!行きたい!

ヒンドゥー教では、
沐浴をすることで魂に積もった罪や穢れを洗い流せると言われていて、
占星術的に定められた「聖なる時間・瞬間」に、その浄化力はさらに高まる。
マハ・クンブメーラーに数千万とも言われる人が集まるのはそれが理由で、
祭りの日にガンジス川で沐浴をすれば、
輪廻転生からの解脱ができると信じられているらしい。

約1ヶ月におよぶ祭りの期間中、聖なる沐浴の日がいくつかあり、
僕はその最初の日、1月27日を目標にアラハバードへ向かう。
もちろん沐浴もする。

去年の10月に左手の薬指からはずした結婚指輪をガンジス川に投げ込むのも、
その日だ。

a0145596_19343790.jpg


[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-01-06 19:40 | インドに詩の朗読をしに行く

Top