S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

松本 暁(まつもと あかつき)
詩人 utanoha代表

<ライブ情報>

・2014年4月13日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
2100円(2ドリンク込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)

・2014年4月20日(日)
■会場
中野aman
■時間
start 17:30
no charge
■出演
鈴木純、松本暁、長男ズ、廣瀬恭平、theharerock and more

・2014年5月11日(日)
デンデケプロダクション Vol.8
■会場
渋谷ラストワルツ
■出演
重力2、ランランズ、ヨソハヨソー、Swingy×松本暁、大谷彩子、grinramma




その他のジャンル
twitter
カテゴリ
最新の記事
教訓
at 2017-04-08 01:53
国会中継
at 2017-02-28 21:29
映画とVR
at 2016-12-26 21:17
橋下のトランプ推し
at 2016-11-14 21:46
この土人が!
at 2016-11-08 23:32
記事ランキング
画像一覧






sold out
デジタル版で読むことができます。 →コチラ




中山聡 詩集「東京」
UTP-0002
¥500



zine "works"

これまでの活動が見れます。


興味をもってくれたかたは、
info@utanoha,jpまでメールください。


<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
人類の進化のコンセプト
人類の進化のコンセプト



身体機能の外部化とその追求
それが人類の進化のコンセプトだ

重要なのは食物連鎖から逃れることだった
生物が個別性に特化する
それは必然的な終わりの始まり

身体機能が外部化されるということは
欲望の対象と関係性の範囲が
歯止めなく拡大するということであり
外部化された機能同士が生みだすシステムに
生存をたくすということ

本来曖昧なはずの自己と他者の境を際立たせ
無理筋に横車を押すシステムは
遠からず破綻する
自然の理から外れてしまった存在は
自滅プログラムを発動させる

そのうち人類は
地球環境において弱者あるいは少数者として
生きてゆくことになる

複雑化したシステムの大半は淘汰され
機能の外部化は
できるかぎり制限される
進化のコンセプトは否定され
種としての人類は勢いを失うが
持続可能な生活は達成されるだろう

分け合うことが当然の社会
与えることの理由を問われない社会
命という贈り物を守り続けるため
違うもの同士が力を合わせる世界が
やって来る
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2012-12-19 20:15 |
一票ではなく一粒の種
自民党が衆議院第一党になった。
議席数で見れば圧勝だ。
まさに小選挙区制度がもたらしたシーソーの逆転。
維新の会は54議席らしい。
出来たての新党としては大躍進と言えるだろう。

僕は選挙区は未来の党、都知事選は宇都宮健児に入れたけれど、
どちらも勝ち票にはならなかった。

「民主がいやだから自民」という選挙民の意思の反映なので、
大勝イコール自民党への積極的支持というわけではない、
ということを言う人もいる。
今後の政策で自民党が失敗すれば、再び大きな揺り戻しが来て、
もう一度政権を失うことだってありうる。確かにそうだろう。

小選挙区制は二大政党制を実現するために作られた制度なので、
可能性としてはそうだ。それが今後の希望だと言えるかもしれない。

それなら、今後の選挙でいったいどの党が、
今回自民党が手に入れたような劇的な政権交代を、
実現できるだろうか。

民主党は57議席でかろうじて第二党の座についたけど、
総スカンの末惨敗しここまで支持を失った彼らが、今後国政の場において
国民から存在感を求められるとは考えづらい。
そもそも、政権復帰の可能性のない民主党にとって、
今までのように自民党との対決姿勢をアピールするメリットはあまりない。
民主党からは自民にすり寄って行く議員が続出するだろうし、
民主党自体が自民党に協力し、マイナスまで下がった評判と権力を、
わずかでも取り戻そうとしたとしても、なんの不思議もない。
野田佳彦にしたって甘い汁のおこぼれにあずかれるのなら、
安倍晋三と手を結ぶことに大きな抵抗もないだろう。

では、未来?それも難しい。
未来の党は大手メディアのネガティブキャンペーンに完全に封殺された。
自民がだめだから未来、なんて選択肢が今後国中で広く共有されるとは思えない。
みんなの党は元自民党。社民も共産もいわゆる左派は壊滅。

自民党との間に対決姿勢を今後最も演出することができ、
どこよりもその利益を得られる政党があるとしたら、
ひとつしかない。
小選挙区制度の恩恵を一番に受ける可能性がある政党は、
橋下徹と石原慎太郎が率いる維新の会だ。

といっても、大日本帝国憲法を模範にしようとする維新の会と、
憲法改正案で基本的人権の項目をまるごと削除した自民党が向かおうとする方向は、
本質的に変わらない。
政権交代したとしても、自民か未来か、というような振れ幅はない。
むしろ、維新の会は、より急進的な権力主義者なので、
彼らが政権与党になれば、自民党よりもさらに過激な政策を行おうとするだろう。
橋下や石原の理想が実現したとして、そんな社会で僕が生きやすくなるとは
まったく思えない。
第一、橋下は選挙後即座に安倍支持を表明した。

率直に言って、僕は今後のこの国の政治と社会に関して、悲観的だ。
一番恐れるのは戦争だ。
戦争だけは絶対にいやだ。

今後10年間のうちに、日本がどこかと戦争をする未来図は、
僕には結構な現実感で迫ってくる。
戦争は外交手段の一つだとか、戦争自体にいいも悪いもないだとか、
一見論理的なふうを装う人は多い。
殺さなければ殺される。戦場で敵兵と撃ち合う兵士はそう断言する権利がある。
じゃあ現在の僕らは?

考えたほうがいいのは別のことだ。
現在日本中に定着した政治不信と政治家不信。
無責任極まる態度を批判され続けながらも変化のない官僚機構。
メディアと強く結びついた大企業というロビー集団。
東北大震災に襲われ、福島第一原発の大事故が起きてから、
最初の衆議院選挙にも関わらず、戦後最低の投票率をたたき出した日本国民。
そのくせになぜか愛国心だけは喧伝され、
中国人や韓国人に対する差別意識も、次第にはばかられなくなってきた風潮。

こんな状況の国が、そのうちどこかと戦争をすることになったとして、
時の政府とその政策が信頼に足るものである保証は?
その時の官僚たちが、既得権益を確保するために国民を欺いていない保証は?
自社の利益のために公の場で堂々と嘘の宣伝を行う大企業が、
その戦争になんの思惑も持っていない保証は?
政治家におもねる報道機関が事実を伝えている保証は?

国民はどうだろう。政治に対し興味を持たず、政策の検証もせず、
投票もせず、マスメディアの情報に頼り、
優越感によって自分の存在証明をしようとする。
その割に目覚ましい成果を国に望む国民たちが戦争に賛成したとして、
その時起きていることは、今回の自民党の大勝利と、
なにか違いがあるのだろうか。

戦争が起きる時、政治が道徳と倫理に従い、政治家が私心なく誠実で、
官僚が国民に奉仕し、企業が社会貢献を一番の目的とし、
国民が理性的で合理的な判断を下す、
そんな社会である保証は残念ながらどこにもない。
というかそんな社会はいまだかつて実現したことはないだろう。
すべての災いは日常の延長線上にしか降り掛かってこない。
今の政治状況、今の社会状況の先にしか日本社会の未来はやってこない。
そう考えるなら、次に起きる戦争が、正しいものである保証は?

じゃあ過去の戦争は?
昔の日本が徳によって治められていた保証は?
人間の性質に劇的な変化があったのだろうか?
答えはわかりきっている。ノーだ。
人間の本質はいつの時代も変わらない。

僕はそんな戦争に従いたくない。
人を殺すのも人に殺されるのもいやだ。
現在のくだらない状況のその先にもし戦争があるのなら、
そんなものに命を捧げたくないし、
そんな国のために死ぬのは絶対に拒否する。

それでも戦わなければいけないのが戦争だ。と
言う人もいるだろう。
僕はそうは思わない。
偽りとごまかしによって、まんまと型にはめられるわけにはいかない。
そんなもののせいで、自分の大切な人たちを死なせるわけにはいかない。

政治家の全員、官僚の全員、企業の全員、メディアの全員が、
自分の利益のためだけに、日々生き仕事をしているとはもちろん思わない。
献身の気持ちや責任感、感動や探究心を持って生きているのは、
誰一人変わらない。
国民という言葉を使った瞬間、一人一人は顔を失う。
個別性を持たない集団としてしか人間を考えないのであれば、
発見よりも見落としが多いだろう。それは政治のやり方だ。
人は政治だけによって生きるのではない。

だから僕の悲観も話半分だ。
未来に何が起きるかは誰にも分からないし、
未来を築く作業を放棄するのは、もったいない。
この世界の成り立ちを見失ってはいけない。
自分を顧み戒めつつ生きなければならない。

僕は思う。
社会を変えるということは、
大きな力強いうねりで一気にひっくり返すことじゃない。
もっとずっと地味で根気のいる作業だ。

例えるなら、一粒一粒まいた種に水をあげ、
芽が出て、やがて木に育ち、
長い時間の末に森が生まれるようなものだ。
そんなふうにしか社会も人間も変わらない。
それを引き受けることが、社会を変えようとすることだ。
やりかたは幾通りもある。

大切なのは一票ではなく、一粒の種。
あらゆる森は、一粒の種から始まったのだから。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2012-12-17 20:12 | 日々のこと
パスポート申請編
さて、靴底がはがれてぷらぷらになりながらも、
戸籍謄本を手に入れました。
それで、
あと2時間以内19時までに池袋のパスポートセンターに行けば、
その日のうちに申請が出来るという状況で。

時間的には余裕ができたから、
僕はつけ麺屋さんでつけ麺大盛りを食べた。
駅への道を逆にたどり、
改札を抜け、ホームへ階段を上がっていたとき、

突然足の裏に直に階段のひんやり感。
ん?
ない!
右足の裏にあのいやな重さでぶら下がってた靴底がない!
右足の一段下にある!
もうぜんぶはがれた。

人見知りで寂しがり屋のハマグリみたいに、
靴底は階段にくっついてる。
うわ〜、なんでこんなことに??

それで売店で髪留め用のゴムを買い、
なんとか靴下で道を歩かないですむようにしました。
それがこの写真です。

a0145596_20401943.jpg

それでも足をひきずりながら、
なんとか池袋まで行く。
もちろん髪留めゴムぐらいじゃ、
完全にとれた靴底を縛り付けたままにはできないわけで、
どんどんずれる。
前に後ろに右に左に。

まともに歩けないよ!
実際通常の5分の1のスピード。
これ、買うしかないか、新しいの。
出費だ。でもこのスピードで歩いてたら、下手すりゃ間に合わん。

それならキャンバスで黒のジャックパーセルにしようと思って、
ABCマートに行った。行くのも大変だったけど。
パスポートセンターが閉まるまであと30分ぐらいしかなかったから、
しっかり試し履きする時間は取れない。
そのABCマートからサンシャインなら普通に歩けば5、6分で着く。

サイズだけ伝え、履きかえてすぐお会計。
歩き出したら、痛い。
右足のかかととか小指の辺りとかがめっちゃ痛い。
足にあってない…。
しかもさっきからずーっとおなかが苦しい。
つけ麺食べ過ぎた。
大盛りがいけなかった。

俺がなにをしたんだ?
もうそんな気分になってきた。
でも靴底ぷらぷらの靴よりはぜんぜん速く歩ける。
サンシャインのイベント広場はちょうど、
ゴスペルのミニライブが終わったところだった。
来るたびに思うけど、サンシャイン60て広いな。
パスポートセンターへの行き道をインフォメーションのおねえさんに聞いて、
教えられたエレベーターに乗り5階を押す。
ついた。
時間はまだ15分ぐらい残ってる。

はあ

よかった。
間に合った。
足が痛いけど。
食べ過ぎで腹が痛いくらいぱんぱんだけど。

なんとか申請ができました!

これであとは、発行されたパスポートをもらって、
チケット取ってビザ取って、
そうすればあとはインドに行くだけ!

そろそろ旅程をつめるか。
やりたいことだけ3つあるくせに、
どうやってそこに行くかをまるで考えてない。
前も行ったことあるからどうにかなるだろと思ってる。

いや、今回は2週間の旅行。
前行ったみたいないつ帰るか決めないような旅行とは違う。
めんどくさがらずにしっかり考えよう。

向こうに着いたら、バングラ経由でインドに入る幼なじみと、
合流してお祭りに行くんだ。
僕だけ行けませんでしたじゃしゃれにならない。
今回のインド旅行は、6年前、
僕が日本に帰ってきた時、あいつと約束したものだから。
一緒に行こうって。

見に行こうぜ、マハ・クンブメーラー。
だって、ヒマラヤから聖者がわざわざ下りて来るぐらい半端ないんだろ?
絶対行くやろ、それ。

僕は6年前にクンブメーラーを見た。
とにかくすごかった。

でもそれは半分の年。
12年に一度来る、最大の祭礼、
マハ・クンブメーラーから数えたら。


アラハバードという町で12年に1度開催される
マハ・クンブメーラーというお祭りを見る


それが僕が1月にインドに行く理由のひとつ目だ。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2012-12-07 21:37 | インドに詩の朗読をしに行く
戸籍謄本ゲット編
区役所が休日や夜間(19時まで)やってたりする
という情報を入手し、
突然の雨のせいで仕事がお休みになったりしたおかげで、

遅々として進展のないパスポートの申請など
手続き関係の旅行準備がぐっと前進した。
ぐっとインドに近づいた!

手間はかかったけど、免許証の更新まではスムーズに行った。
めんどくさいのは戸籍謄本だ。
世田谷区役所に行くのがめんどくさい。
てか世田谷のどこにあるんだ?

郵送してもらうことも出来るけど、
手続きに10日間ぐらいかかるとおっしゃる。
郵便局で収入印紙を買って必要書類とともに送れとおっしゃる。

雨の中、ブツを世田谷区役所経堂出張所までに取りに行くことにする。
僕の本籍は世田谷区宮坂だからな。

部屋の時計を見る。

15:30

窓口が閉まる17時まであと1時間30分。
急がなければ。

16時半の時点で経堂についていれば、
ゲームは僕の勝ちだ。
駅から出張所までは歩いて10分ぐらいかかるけど、
残り時間が30分もあれば余裕。
まずは一刻も早く今いる江古田から池袋行きの西武線各駅に乗ることだ。
めざせゲームクリアー!

知らなかったんだけど、
パスポートの申請は都庁じゃなくても出来る。
じつはサンシャインにもパスポートセンターがある。
しかも19時まで窓口があいてる。
うまく行けば、謄本を取ったその足でブクロに向かえば、
充分今日中に申請ができる。

そう思いながら僕は新宿に向かうためJRに乗り、
一旦池袋を離れた。また戻って来るぞ、池袋よ。
申請までいけばこのステージのクリアーだ。
そうすれば数日中にパスポート取得イベントが発生し、
インドビザ申請のフラグが立つ。
あわせてチケット予約のクエストを成功させれば、

あとはフライトするだけだ!最高!

移動は順調に進んだ。
新宿で小田急線に乗り換える。
今の時間は経堂までは各駅でしか行けない。
急行なら17、8分なのに。
でもまだ時間には余裕がある。
で、まあ予定通り、16時半頃に経堂に到着。

あとは1年住んでよく知った道を歩くだけ。
アスファルトにたまった雨が靴にしみ込んで来て冷たい。

出張所が見えて来る。
iPhone(5ではない)をポケットから取り出し時間を確認。
よし
現在16時40分。

やった!
経堂出張所間に合った!
楽勝だ、
と、ここで思い直す。
待て待て最後まで気を抜くな。
喜ぶのは戸籍謄本の取得とパスポートの申請が終わってからだ。
そう気持ちを引き締めた時だった。

ぱかぱかぱかぱか

何の前触れもなく突如として、
下駄を履いた侍が走るような音が下から聞こえた。

しかも僕の動きにあわせて下駄は鳴っている!
おかしい
これは俺だ

目線を落とし、発見した。
右足の靴の底が親指の付け根ぐらいまではがれて
破れたスリッパみたいにぱかぱかになってる!
音の正体はめくれた靴底のかかとがアスファルトにぶつかる音か!

最悪だ!
たしかにさっきまで相当早足で歩いてたけども。
それではがれたのか??

なぜ!?
しかもなぜ今!?
あと十五分ぐらいで窓口が閉まるのに!
これだから雨の日の外出は気が抜けない。

出張所の自動ドアを左足であける。
パッと見は右足をひきずっている人だろう。
左足で全身を引っ張るような歩き方で窓口へ向かう。

とはいえ…
戸籍謄本ゲット〜〜!!
次はパスポートの申請だ!


パスポート申請編に続く…

a0145596_2215855.jpg



これがその時の写真です。
髪留め用のゴムでなんとか保っています。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2012-12-05 22:34 | インドに詩の朗読をしに行く
とはいうものの
パスポートをまず用意しなきゃなあ。。

前のは期限切れてるし。
その前に住民票を移動させないと。

豊島区役所行ってまず豊島区から転出、
それから練馬区役所行って練馬区に転入、
パスポートの申請で使うから免許証の住所も変更しないとだから、
練馬警察にも行かないと。。
そのためにも住民票だ。

でも役所は基本平日しかやってないし、
その時間は仕事があるし。。
仕事柄植木屋だから雨が降れば休みになるけど、
雨がなければ役所には行けないし。。
今植木屋は年末の最繁忙期のまっただなか。休みは取れない。

パスポートには戸籍証明がいるから、
世田谷に行って謄本をとってこないといけない。
これも平日しか無理。ちなみに住民票と免許が必要。
郵送申請は10日ぐらいかかる。

パスポートが取れたとして、
その後はインドビザだ。これも申請して10日ぐらいかかる。
てか、チケットはどうしよう。
具体的な旅程もまだ決めてないぞ。

1/27にはアラハバードにいないと、
お祭りの盛り上がる日を見逃してしまう。
時間はあるようであまりないなあ。
大丈夫だろうか。。行けるんだろうか、インド。

で、とりあえず今日は、
旅行に持ってくカバンを買った。役所にも行けないしね。
前買ったぼろぼろのバックパックがあるけど、あれはベルトも切れてるし、
2週間の旅行ならそんなに大きなカバンは必要ない。

というわけでこれだ。コールマンのショルダー。
a0145596_16595351.jpg

近くの古着屋で購入。別になんでもよかったけど安かったから。
1900円。
これぐらいの大きさで充分だろう。別にウエストポーチも持ってくし。
前もラサまではヨージヤマモトのショルダーバッグ一個で行ったしな。

カバンの中にジッパー付きのポケットが欲しかったけど、
まあ短い旅行だから、防犯には自分が気をつければいい。

カバンは用意できた。
では、まずは…なにからやればいいんだろう??

ガンジスはなかなかに遠い。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2012-12-02 17:11 | インドに詩の朗読をしに行く

Top