S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

松本 暁(まつもと あかつき)
詩人 utanoha代表

<ライブ情報>

・2014年4月13日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
2100円(2ドリンク込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)

・2014年4月20日(日)
■会場
中野aman
■時間
start 17:30
no charge
■出演
鈴木純、松本暁、長男ズ、廣瀬恭平、theharerock and more

・2014年5月11日(日)
デンデケプロダクション Vol.8
■会場
渋谷ラストワルツ
■出演
重力2、ランランズ、ヨソハヨソー、Swingy×松本暁、大谷彩子、grinramma




その他のジャンル
twitter
カテゴリ
最新の記事
教訓
at 2017-04-08 01:53
国会中継
at 2017-02-28 21:29
映画とVR
at 2016-12-26 21:17
橋下のトランプ推し
at 2016-11-14 21:46
この土人が!
at 2016-11-08 23:32
記事ランキング
画像一覧






sold out
デジタル版で読むことができます。 →コチラ




中山聡 詩集「東京」
UTP-0002
¥500



zine "works"

これまでの活動が見れます。


興味をもってくれたかたは、
info@utanoha,jpまでメールください。


<   2013年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
国会議事堂前行って来た。
a0145596_22511548.jpg
今夜も来ました!国会議事堂正門前!

日を追うごとにふくらむ抗議の渦!
と思ってたら…

a0145596_22513086.jpg
あれ?少な!
おとといはあんなに盛り上がっていたのに。

a0145596_22514251.jpg
デモ隊のみなさんは20時半になると、ちゃんと警察に散会を報告して、
帰途に着かれました。

a0145596_2252069.jpg
仕方ないので、居残り一人デモ。
その後一人抗議演説。
地味に喉が枯れた。



iPhoneの設置に失敗し街灯しか映ってません…orz

a0145596_22521940.jpg
道の向こうに立つ3人の警察官のみなさんにおやすみなさいを告げ、
ラーメン食べて地下鉄で帰宅しました:)

きっと明日の参議院前はもっと盛り上がるはず!
明日も行こっと。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-11-28 23:02 | 日々のこと
国会議事堂脇のハートマーク
a0145596_190597.jpg
黄葉するイチョウの木がかかげる愛のシンボル。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-11-27 19:02 | 日々のこと
review 「カフェと詩人 - 1 order / 1 poem -」2013/11/10
ライブでしか朗読しないっていうのは、なんか詩人ぽくない。
いつでもどこでも詩を詠んでこそ詩人じゃないかしら。
そんな思いつきが形になったのが
「カフェと詩人 - 1 order / 1 poem -」でした。

会場になったのは江古田にあるPoem & Gallery Cafe中庭ノ空
お客さんのカフェメニュー1オーダーごとに、朗読チケット1枚を渡し、
それを使って詩の朗読をオーダーしてもらう。
オーダーを受けた僕は、お客さんの席に行き、
隣に座り詩を詠む。
詠んだ後は詩のテキストを封筒に入れておみやげとして差し上げる。
「カフェと詩人 - 1 order / 1 poem -」は、そんな企画。

マイクや音楽は使いません。
あくまで主役はカフェとお客さんで、朗読はBGMのようなもの。
2013年11月10日の日曜日、予報では大荒れの模様だった天気は、
幸運にも少し風が強い程度で青空を保ち、時計の針は13時。
「カフェと詩人 - 1 order / 1 poem -」開店の時間です。

配った朗読チケットはこれ。
a0145596_2034539.jpg
インク壷になったコーヒーカップと羽毛のペンをロゴに。

a0145596_2065135.jpg
用意した朗読メニューは3つ。
チケットを使ってオーダーできる「ねぽはそ」と「1分の200」。
特別メニューの「いまここうた」。

メニューにはこう書いてあります。

・ねぽはそ
ちょっとアンニュイ、メランコリックなネガティブの「ね」。そのものずばり、前向きでストレートなポジティブの「ぽ」。硬派で社会派、ハードの「は」。ファンシーでやわらか、ソフトの「そ」。
4つカテゴリーからお好きなものを選んでオーダーできます。各カテゴリーには1から3のグレードがあり、オーダーの際は「ポジティブの3」というふうにカテゴリーとグレードをご指定ください。


・1分の200
ガラスのキャニスターから1枚カードを引いていただきます。各カードには1から200までの数字がナンバリングされており、お客様が引いたナンバーに対応する詩を200編の詩のリストから朗読いたします。また、キャニスターにはワイルドカードも入っており、そちらを引いた際はお好きなナンバーの詩がリクエストできます。


その時の気分に合わせて選べる「ねぽはそ」、
ゲーム感覚でオーダーできる「1分の200」。
カフェの空気感を壊さないような詩をセレクトして持って行きました。

「いまここうた」は、
その時その場所その出会いから僕が詩を書く特別メニューなので、
朗読チケットは使えません。代金はお客さんに決めてもらうことにしました。
色紙に毛筆で書くなんてスキルの持ち合わせはないし、
かといってコピー用紙に書かれてももらう方が困りますよね。
なので「いまここうた」用にこういうものたちを用意しました。

a0145596_2075678.jpg
ドーナツ盤レコード、古びたポストカード、どこかの国のロードマップ…。
飾ったりカバンに入れて持ち歩いたりできるようなものを選びました。
ペラ一枚で渡して捨てられるのは泣けますからね。
という訳で僕はすみっこに自分の席を作りお客さんを待つことに。

a0145596_2027217.jpg
フタを開けてみれば、
ありがたいことに沢山の方が詩の朗読を楽しみに来てくれました。
記念すべき最初の朗読オーダーは、特別メニューの「いまここうた」。
1歳半の赤ちゃんを連れて来てくれた友人夫婦に1編の詩を作り、
レトロな中国風のノートに書き込み、朗読して渡す。
お代は小さな箱に入れてもらい受け取りました。
手渡しでお金を受け取るのはなんとなく気が引けるという僕の貧乏性対策です。

僕がオーダーを受けて朗読を始めると、
店内の話し声がのトーンが少し低くなり、
ほかのお客さんも詩を聞いてくれているのがわかりました。
朗読目当てで来た方から、
ふらっとお茶しに立ち寄ったカフェのなじみのお客さんたちまで、
時間がなかったというお1人をのぞいた、
すべてのお客さんが朗読をオーダーしてくれました。
時間つぶしに持って行った本を読む暇も無く、
あっという間に閉店の時間。

a0145596_20472364.jpg
(僕の隣の書類ケースには「1分の200」用の200編の詩が収納されています)

a0145596_20474737.jpg
(「いまここうた」を書いています)

閉店までに詠んだ詩の数は、
「ねぽはそ」 10編
「1分の200」7編
「いまここうた」4編 
なにより一日中朗読出来るのがうれしかった。
僕は詩の朗読をすることがなににもまして好きみたいです。

こんな正体不明の企画を快く受けてくれた中庭ノ空の五十嵐さん
(記事中の画像も五十嵐さんが撮影してくれたものです)、
朗読をオーダーしてくれたみなさま、
本当にありがとうございました!
「カフェと詩人 - 1 order / 1 poem -」は今後もやりたいと思っているので、
今回時間があわなかった方はぜひ次回に!

「ねぽはそ」はとても好評だったので、
12月8日のソロライブでもやることにしました。
しかも従来の4つのカテゴリーに「ラブ」と「ショッキング」という、
新たな2つのカテゴリーを加えた、その名も「ねぽはそ+(プラス)」!

みなさまぜひお誘い合わせでお越しください:)

-------------------------------------
松本暁 詩の朗読ソロライブ
・2013年12月8日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
¥2100(2ドリンク代込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)
-------------------------------------
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-11-26 23:10 | ライブ情報
現在の局面に
現在の局面に



すでに国民は分断されている
政権と官僚達のやり方に
賛成するものと
反対するものとに

彼らが戦いをしかけて来たのだ
慇懃無礼な面構えで
嘘で塗り固めた爪を強欲に振り下ろし
犠牲を弱者に押し付けようと
手ぐすねを引いている

賛成と反対は
愛国者と売国奴という意味でもなければ
信者や分からず屋という意味でもなかったはずだ
僕たちは同じ被害者なのだ

よく管理された国民から
満足な額をかすめ取ろうと権力を独占する
詐欺師達のなりふり構わない商売の被害者なのだ

同時に
僕たちは加害者だ
意見が対立したものの人間性への加害者
こんなバラバラの社会を譲り渡される子供たちへの加害者

この国を操作しようとする連中は
ずる賢く恥知らずで
僕たちには無関心だ
けれど総人口分の1程度に
軽んぜられるほど
僕たち一人一人の暮らしは無価値だったのか
生きるということはそんなに他愛無い時間つぶしだったか

僕たちがいがみ合い
互いの分断を分裂に変えてしまったら
あとは敵同士になるだけ
彼らの思うつぼだ

僕たちの生活に
無用な境界線を引かせてはならない
想像力の欠けた亡者どもの餌食になってはならない
これは勝ち負けや損得の問題ではない
生命の尊厳の問題である
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-11-24 19:49 |
人類のあだ名


人類のあだ名



虫のあいだでは
人類はこう呼ばれている
二本足

哺乳類の中では
次の呼び名が一般的だ
服を着ている者

殺戮者
特にクジラ達からはそう呼ばれ
イワシ達からは
大食らい
と呼ばれている

あるとき空き地で開かれた猫達の集会で
服を着ている者は
自分たちのことを霊長類と呼ぶらしい
という報告がなされた
全会一致であくびしたという
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-11-23 20:17 |
源語(みなもとがたり)

僕の父方は沖縄の家系。母方は大分で、昔々百済(古代朝鮮半島南西部にあった国)から渡って来た家系らしい。

歩いてると警察に止められて「パスポート見せて」と言われるほどの濃いアジア顔は南方の血、ホームベース型のあごからえらのラインは、大陸〜半島の血を感じる。母方のご先祖様は現在まで先住民と混血を繰り返しただろうから、僕の民族的ルーツは、琉球、百済、大和と3つあることになる。

海に囲まれた日本のなりたちからすれば、実際こんな混血はめずらしくないだろう。そもそも天皇一族も元は半島からやってきた可能性が高いし、単一民族国家の正体なんて所詮こんなもの。

とは言え、ラモス瑠偉と同じく、僕はれっきとした日本人です:)
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-11-19 21:55 | 日々のこと
お地蔵様のような路上ミュージシャン
お地蔵様のような路上ミュージシャン



終電の2本前で江古田に帰り着き
千川通りへ歩いていたら
四つ角の真ん中塀際に
グレーのスウェットで地べたに座り
フォークギターをかき鳴らして
ギンギラギンにさりげなくを熱唱する
中年の路上ミュージシャン

歌いながら
通りかかった僕をチラ見する
足元に開いたギターケースの中に
投げ銭の呼び水千円札

一旦通り過ぎた
なぜこんな時間に
街灯も当たらないような場所で
あぐらをかいてマッチを?

ラーメン屋に行って戻って来たら
分かれ道に立つお地蔵様みたいに
さっきの歌うたいが
満月の下

今度はスシ食いねェ!
百円入れた
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-11-18 02:08 |
ロックの偉人たち
ロックの偉人たち



ロックの歴史上
一番の中二病
ザ・ドアーズ ジム・モリソン

インディアンに憧れ
ボヘミアンになった
破滅的な芸術家の伝統を受け継ぎ
ドラッグと酒のチャンポンでオーバードーズ
パリのホテルで死んだ

あらゆるロックギターの頂点
エレクトリック・ギターで出せる音を
すべて鳴らしてしまった
ジミ・ヘンドリックス

白人に盗まれたロックンロールを
有無を言わさず黒人へ取り返し
40万人の前でキマったまま
アメリカ国歌をギターでいじり倒した

ロック史上
一番の詩人は
ボブ・ディラン

言葉の無意味をメロディーに乗せ
老人みたいな声で届けた
やせっぽちの若造
平気な顔してひとりで歌った

西暦1962年から1980年までの間
ロック界のみならず
世界で一番の反抗児だったのは
ジョン・ウィンストン・レノン

眉をしかめられることを喋り
恥ずかしげもなく舌を出し服を脱いだ
誰も見ない夢を見て
その夢はみんなすでに知っている夢だよと歌った
女王様を無視した
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-11-14 00:46 |
「ら」と「しょ」

先日の「カフェと詩人 - 1 order / 1 poem -」 で初お披露目した,
朗読パフォーマンス「ねぽはそ」。

ネガティブの「ね」、ポジティブの「ぽ」、ハードの「は」、ソフトの「そ」。
続けて読んで「ねぽはそ」なんですが、
大好評だったので12/8のソロライブでもやることにしました。

とは言えただ同じにやってもつまらないので、
ライブ用に2つのカテゴリーを追加しようと思います。
名付けて、「ねぽはそ+ (プラス)」!

追加するカテゴリーは「ラブ」と「ショッキング」です。
もちろんグレードも1~3まであります。

ぜひ12/8は東京倶楽部千駄ヶ谷店昼の部にきてください!
「ねぽはそ+」のリクエストで一緒に詩遊びしましょう:)

------------------------------------
・2013年12月8日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
¥2100(2ドリンク代込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)
------------------------------------
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-11-13 06:21 | ライブ情報
「カフェと詩人 - 1order/1poem -」楽しかった〜

「カフェと詩人 - 1order/1poem -」終わりました〜。
来てくれたみなさん本当にありがとうございました!
おかげで素敵な時間が過ごせました。
こんな正体不明な企画を受けていただいた、
中庭ノ空五十嵐さんにも大感謝です。
ありがとうございました!
天気が荒れなくてほんとよかった。

詩ってやっぱり楽しいですね。
次は12/8東京倶楽部千駄ヶ谷店でソロライブです!お時間あればぜひ:)
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-11-10 21:03 | 日々のこと

Top