S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

松本 暁(まつもと あかつき)
詩人 utanoha代表

<ライブ情報>

・2014年4月13日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
2100円(2ドリンク込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)

・2014年4月20日(日)
■会場
中野aman
■時間
start 17:30
no charge
■出演
鈴木純、松本暁、長男ズ、廣瀬恭平、theharerock and more

・2014年5月11日(日)
デンデケプロダクション Vol.8
■会場
渋谷ラストワルツ
■出演
重力2、ランランズ、ヨソハヨソー、Swingy×松本暁、大谷彩子、grinramma




twitter
カテゴリ
最新の記事
教訓
at 2017-04-08 01:53
国会中継
at 2017-02-28 21:29
映画とVR
at 2016-12-26 21:17
橋下のトランプ推し
at 2016-11-14 21:46
この土人が!
at 2016-11-08 23:32
記事ランキング
画像一覧






sold out
デジタル版で読むことができます。 →コチラ




中山聡 詩集「東京」
UTP-0002
¥500



zine "works"

これまでの活動が見れます。


興味をもってくれたかたは、
info@utanoha,jpまでメールください。


<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ガッチャマン クラウズ インサイト
安保関連法案が参議院で可決され成立したその12時間後、
アニメ「ガッチャマン クラウズ インサイト」の11話が放映されました。

往年のヒーローアニメ、ガッチャマンを大きくアレンジしたタツノコプロの作品です。
制作側は何らかの思想や陣営に寄ろうとするのではなく、
あくまで個人と集団、人間と社会、思考と同調などについて、
できる限りの真摯さで物語ろうとしているだけだと思います。
けれどもこのタイムリーさ。

ガンダム以来、善と悪、敵と味方などの価値観の転換は、
すでにアニメにおけるドラマツルギーの一部となっています。
それらをエンターテインメントに落とし込み、
商業ベースに乗せられる作品を作ろうとするのは、
今やアニメ文化の通常運転。

本当にテレビドラマや映画を作る方々にも見習ってほしいと思います。
社会や戦争を描いていいのは8月だけじゃあないんだぜ。
そしてこれが読売系の日本テレビで放送されているという事実。

「ガッチャマン クラウズ インサイト」に込められたテーマを味わうには、
1期の「ガッチャマン クラウズ 」全12話、
できればディレクターズカット版の最終話も見てほしいんですが、
2期の「インサイト」だけでも伝わるものがあると思います。
視聴者の間では賛否両論巻き起こっていますが、
それこそが一番大事なことなんだと思います。

respect & thanx!!

a0145596_1317211.jpg
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2015-09-20 13:20 | 日々のこと
普通



"あいつは流行りの歌が好きで
一緒に歌うのも大好き
しまいには銃までぶっ放す

でもそれがどういうことなのか分かってない
まるで分かってない
ため息が出るよ"

Nirvana/In Bloom
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2015-09-12 22:45 | 日々のこと
政治が国民という名で個人を忘却する理由


システムに属人性はいらない。
歯車は交換可能でなければいけないし、機能は円滑でなければならない。
差異は最小限に収められるべきだし、なにより全体を崩壊させてはいけない。

約1億2000万の人口を、つつがなく支障なく統治しなければならない。

約だ。約。正確には今何人だろう?2015年9月6日現在。
一人一人だ。実際は。
感じることのできないリアル。言い換えるとそれが世界。

石川県金沢市に住む本田さんの個人的悩みを解決する法律や、
滋賀県大津市に住む恵美ちゃん個人の生活を改善する法律を作ることはできない。
政治には。

当然誰もが人口という数字に置き換わり、所得という数字で換算され、
年齢という数字で区分けされる。

その是非ではない。
そういうものだということだ。
政治なんて。

政治は個人を忘却する。
いないものにする。
集団として人間を扱う。
公平性のために。
それを悪とも善とも言えない。

ただ現実の人間の暮らしとは、
構造的に必ず乖離する。
それを忘れないようにしなければ。
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2015-09-06 04:07 | 日々のこと
ダブルピース on earth
僕はこの動画からなによりピースを感じた。
もちろんいろんなものが横たわってるだろう。
厳粛な不文律もあるだろう。

でもそこにあるのはピースだ。ダブルピース。
国が兵士を雇うのなら、このぐらいの祝祭にいさせなければ。

きっとここにあるのは、1000年前、2000年前もあった高揚。
戦場の残酷はもちろん別物だろう。
けれど、国益の礎として自衛隊を戦地に赴かせようとする連中の頭の中には、
決して生まれ得ないピースがここにはある。
ちょっと長いけれどぜひ全部見て下さい。

インド・パキスタン国境での衛兵交代

[PR]
by matsumotoakatsuki | 2015-09-02 21:05 | 日々のこと

Top