S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

松本 暁(まつもと あかつき)
詩人 utanoha代表

<ライブ情報>

・2014年4月13日(日)
■会場
東京倶楽部千駄ヶ谷店
■時間
open 13:30
1st stage 14:00
2nd stage 15:20
■料金
2100円(2ドリンク込み)
■出演
松本暁(詩の朗読)

・2014年4月20日(日)
■会場
中野aman
■時間
start 17:30
no charge
■出演
鈴木純、松本暁、長男ズ、廣瀬恭平、theharerock and more

・2014年5月11日(日)
デンデケプロダクション Vol.8
■会場
渋谷ラストワルツ
■出演
重力2、ランランズ、ヨソハヨソー、Swingy×松本暁、大谷彩子、grinramma




その他のジャンル
twitter
カテゴリ
最新の記事
教訓
at 2017-04-08 01:53
国会中継
at 2017-02-28 21:29
映画とVR
at 2016-12-26 21:17
橋下のトランプ推し
at 2016-11-14 21:46
この土人が!
at 2016-11-08 23:32
記事ランキング
画像一覧






sold out
デジタル版で読むことができます。 →コチラ




中山聡 詩集「東京」
UTP-0002
¥500



zine "works"

これまでの活動が見れます。


興味をもってくれたかたは、
info@utanoha,jpまでメールください。


カテゴリ:未分類( 7 )
10/27は浅草で詩あそび!
27日の日曜日は2ヶ月ぶりのソロライブです。
人にすすめたい朗読ライブ、自分ランキング1位なので、
遊びに来てもらえたらきっと楽しい時間が過ごせると思います:)

今回のソロライブのテーマは「詩あそび」。
まあFBのイベントを立てる時に思いつきで決めただけですが。
実際ライブでは毎回詩で遊んでいるので、
僕のライブはどれに来てもらっても「詩あそび」です。

どんなことをやっているかというと、
観客参加型朗読ライブ!と松本はおおげさに見栄を張ります。
例えば7月のライブでは、七夕にちなんでお客さんに短冊を渡し、
好きに言葉を書いて笹につるしてもらいました。
本番ではそれらをお題に即興で詩を朗読しました。

疲れた母の顔に笑顔がもどりますように
世界一周をもう一度
エイジレス!
まだ誰も見たことがない風景

上記がその日のライブで生まれた詩たちです。
「形容詞・名詞・動詞」というパフォーマンスでは、
その場でお客さんから3つの品詞ごとに1語ずつ単語をもらい、
それをタイトルに詩を朗読します。
先日のライブでは、

ぽつぽつ・傘・つんのめる
まったり・排気ダクト・食べる

という2編を朗読しました。
「ぽつぽつ〜」は、幼稚園児とかたつむりとカエルとカマキリが雨のなか出会い、
「まったり〜」は町外れの客の来ないラーメン屋が舞台になりました。
準備した詩と違い、どんな言葉が出て来るか自分でも分からない、
先行き不透明だけど自由な朗読ができるので、
僕は即興が病みつきです。
また、即興ではありませんが、
お客さんに1から200のナンバーをふったカードを引いてもらい、
出た数字に対応する詩を詠む「1分の200」も好評でうれしい限り。

その時その場所その出会いからしか生まれない詩を詠みたい、
そんな気持ちで毎回ライブをしています。
27日のライブでは、さらにお客さんに参加してもらおうと思ってます。
詳しくは秘密ですが、ちょっとだけ種明かしすると、
朗読自体に協力してもらおうかと。

もちろん前に出てさあ詠んでください!みたいなことはやりません。
僕も大人なので、羞恥心とふんぎりのケアは充分にさせていただきます。
その上で、来てくれたみなさんに、
それぞれ楽しんでもらえたらいいなという感じでやります。
もうこれは27日は浅草ZINCに来るしかないのではないでしょうか!

お時間あったらぜひお誘い合わせでお越しください!
お待ちしています:)

--------------------------------
・2013年10月27日(日)
■会場
浅草ZINC
■時間
OPEN 18:00
1st stage 19:00
2nd stage 20:00
■料金
¥1500
■出演
松本暁(詩の朗読)
--------------------------------
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2013-10-19 19:50
放射能に罪はない 

放射能に罪はない 


放射能に罪はない
マイペースで過ごしてるだけ

掘り起こされて
いじられて
されるがままに
されただけ

放射能に責任はない
風にのって隠れんぼ始めた
居場所がつきとめられないと
人のほうは死んじゃうけど

子供たちに罪はない
産まれてきてしまっただけ

どんな時代の
どの国に
産まれてくるか
選べなかっただけ

子供たちに
ゆがんだ世界の責任はないのに
意見さえ言えず
引きずりまわされるばっかり

そして罪のない放射能が
罪のない子供たちを
蝕んでゆく

責任がないことの
責任を取らされる
いちばん小さなものたち
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2011-06-16 08:59
シンプル

シンプル


思ってるよりシンプルなこと
むずかしい本なんか
読まなくてもできる

どんなふうに生きたいか
選ぶことは

思ってるよりシンプルなこと
いやなものはいやだと
声をあげてみたらいい

どんな社会でありたいと
望むとしても

化学式や話し合いが仕事をするのは
そのあとだ
想像力を働かせたあと
感受性がフル回転した
そのあとだ

さもないと
それはそれは情けないことになる

どうしてなにも変わらなかったの? と
未来の子供たちから
たずねられたときに
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2011-04-05 21:11
僕らが生まれてこの方やったこと
 
僕らが生まれてこの方やったこと


僕は生まれたとき
僕ひとつ分の体を
この世界につけくわえた

僕が名づけられたとき
僕ひとつ分の名前が
この世界に初めて響いた

そのとき世界は
僕ひとつ分だけ変わった
はっきりと間違いなく

それから僕は僕ひとつ分でありつづけ
そのひとつ分が
なにかにさわるときの僕のすべてで
なにかを食べるときの僕のすべてで

そうやって君と出会い
君ひとつ分とつながって
ときに僕らはふたつ分をひとつにした

ぜんぶ数えたら
本当はいくつ分になるんだろう
大昔から
ずっと

僕らが生まれてこの方やったことといえば
世界を変え続けてきたことぐらいだ
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2011-03-30 00:27
あなたへ
あなたへ


僕の言葉と
あなたの言葉が結びあえたら

僕の声が
あなたの声に耳をすませ
あなたの心が
ひとりでにほどけだすまで
僕の心が
となりに座っていられたら

あなたがこめた
いちばん小さな祈りを
こだまのように
暮らしのすみずみまで
響かせることができたら
僕らの暮らしに

あなたが
失ったものたちの名前を呼ぶとき
その手を握っていられたら
あなたがあなたのことを
語ることができなかったとしても
許すことができなかったとしても

僕はなかなか
口を開くことができないだろう
ためらって後悔ばかりするだろう
あなたを
がっかりさせるかもしれない

なにも終わりはしないまま
いくつもの始まりが
重なりあってゆくだけだとしても
あなたへ



                                            松本暁  2011.3.15
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2011-03-15 18:13
ひとつひとつは小さくても
ゴールデンウィークがさっさと一年後まで遠ざかってしまいましたね。
今年は天気がよくて大変よかった。
a0145596_9303887.jpg

ゴールデンウィーク中、
僕は人生初のバスツアーに参加しました。
その名も、
『可憐に咲く「牡丹」と一面に咲く「芝桜」
そして頭上500畳敷に咲く「大藤」 北関東三大花めぐりツアー』

しずかとふたりツアーバッジを胸につけ、
おばちゃんやおじちゃんに混じって、
添乗員さんの旗についていきましたよ。
a0145596_932285.jpg

初めてのバスツアー、かなり満喫しました。
ツアー名通り、北関東の花の名所をまわるんだけど、どれも圧巻!
花が一輪ずつ開き、でもその一輪が集まって、
一面を埋めつくすほどに咲き誇る力は、
土曜日にやるライブ「パンデミック」のコンセプトともつながり、
とてもいいエネルギーをもらうことができました。

ライブまでついにあと三日!!
ぜひ来てください!
↓↓
-----------------------------------------------------
パンデミック
ー詩の朗読と光と風景ー

■日時 
5/8(土) 
15:30 open
16:00 start

entrance fee ¥1000 (including 1 drink)

■出演
照明/会場演出:ナガセカワヒロ
写真:橋本大輔(→HP
朗読:松本暁

■会場
Accel-inn
世田谷区経堂2-5-17
03-3706-7417
小田急線 経堂駅北口より徒歩2〜3分
すずらん通りをまっすぐ

-----------------------------------------------------
[PR]
by matsumotoakatsuki | 2010-05-06 09:33
反付加価値宣言
日曜日、西大泉区民会館に行った。
三月から始まる体験農園の説明会だ。
今までも何度かは畑の手伝いをやったけど、
春からは自分たちでも借りてやってみることにした。
借りるのは西大泉の体験農園の一区画。
よったんとうちと共同でお金を出し合った。
a0145596_20471474.jpg

食糧の確保は今後の生活の大きなテーマのひとつだから、
その第一歩でもある。
自分たちが食べるものは、なるべく自前で用意できるに
越したことはない。
単純に手作り野菜はおいしいだろうし。
なにより自分で育てた野菜はスーパーじゃ売ってない。

それは付加価値なんかじゃない。
てゆうか付加価値ってなんだろ。

a0145596_2141233.jpg
たとえば
「付加価値ある人間性」
「付加価値ある愛情」
。。。なんか意味不明な感じだ。

付加価値ってモノに付くもの?
「付加価値ある素粒子」
「付加価値ある地球」
これも不可能なものばかり。

人が作ったものに付加されるということなら、
「付加価値ある赤ちゃん」
「付加価値ある国家」
というのは可能なのかな。
いや、不可能か。

僕は付加価値のないものが好きだ。
人間やこの世界。生きてること。

そもそも価値を語れないものを比較の対象にするのなら、
付加価値は戦争さえうみだす。
コストの割に利益が効率よく上がらないイラクを放り出して、
アフガニスタンに注力しはじめたアメリカのオバマ政権がいい例。
国益という名の経済的利益、政治的地位、国威の発揚。
プレーヤーはその都度、最大効果を実現するソリューションを
検討することになるだろう。
その時支払われるコストは、いつだって二度と回復不可能なものだ。
イラク人が失ったものを、市場はいったいいくらに換算するつもりだろう?

大切なものが大切な理由は、
付加価値があるからじゃない。
それがかけがえがないものだから。
生きる力はそういうものからしかもらえないからだ。
a0145596_21462650.jpg

[PR]
by matsumotoakatsuki | 2010-02-15 21:47

Top